神傳武術 九鬼神流 ( くかみ しんりゅう )


【 概 要 】

九鬼(くかみ)神流は、その昔、宮中の神祇(じんぎ)を司った中臣(なかとみ)氏(藤原氏)を祖とする現・熊野本宮大社宮司の九鬼(くき)家に、南北朝の頃より伝えられてきた神伝の武術である。

體術(柔術)・棒術(六尺棒・半棒・短棒術)・劔法・薙刀・鎗術・投剱術・鉄板投術・鉄扇術などを伝え、さらに軍略や多くの秘伝を有し、九鬼家所伝の中臣(なかとみ)神道・熊野修験道と密接な関連を持つ。

当流の流祖は、熊野別当家・道有の子として生まれた九鬼薬師丸(やくしまる)髏^(りゅうしん)公である。大職冠・藤原鎌足より数えて第三十六代の末裔であり、南北朝の戦いに於いて、後醍醐(ごだいご)帝の窮地を御救い奉った功を賞され、帝より九鬼(くかみ)姓を賜った。この時に家伝の武術(藤原夢想流と伝えられる)と神法秘伝および密教秘法を以て編み出されたのが当流の基を成している。

その後の九鬼家は、戦国時代に熊野水軍(九鬼水軍)として名を轟かせた鳥羽城主の九鬼嘉隆(よしたか)公を輩出。江戸時代には綾部(あやべ)藩と三田(さんだ)藩の大名となった。



江戸期までは剱法を中心とする、いわゆる“得物(えもの)の武藝”であったが、維新後、大国(おおくに)伝・師範家の影響を受けて、體術(たいじゅつ)と棒術(ぼうじゅつ)(六尺棒・半棒)を基調としつつ、上記のような諸々の武芸を包含する綜合武術の形態をとるようになる。

綾部藩主時代、ある事件により表向きは一時中絶したことはあったが、その時も師範家により脈々と伝承され、幕末から明治にかけて、三代の当主の尽力により復興される。

大正10年には、故・九鬼隆治(たかはる)閣下(従三位子爵、第26代宗家)が播州加古川の高御位神宮に皇道宣揚会を発足し、中臣神道・熊野修験道と共に九鬼家の武術を振興した。

現在、皇道宣揚会尚武局の遺業を継承して、第二十代師範家・高怏b直師範により「九鬼神伝保存顕彰会」が組織され、近年これを「九鬼神流顕彰会(くかみしんりゅうけんしょうかい)」と改めて、奈良県吉野の吉野稽古場、名古屋市瑞穂区の名古屋稽古場、滋賀県竜王町の龍王稽古場に於いて活動を行い、この極めて特色ある必勝の技法を有する神伝武術の継承と顕彰に努めている。

なお、詳しくは九鬼神流の全貌を紹介するホームページ『http://www.kukami.jp/index.html』を参照されたい。

第20代師範家・高塚叡直師範  
九鬼神流顯彰會・第20回熊野本宮奉納演武参加者
(平成24年8月26日)  熊野本宮・本殿廣前にて

九鬼神流宗家 九鬼家隆 熊野本宮宮司と共に



以上

< 禁無断転載 >

【 戻る 】