インターネット・ギャラリー


神々の心


魂の写真家・故土居正治氏の写真展です

自然光と自由に遊ぶ芸術家、土居正治。彼は通常の人間には見ることの出来ない素晴らしい神祕の世界を、、一輪の花や、一滴の露を通して見せてくれる。そこには我々か一日も早く目覚め、回復しなければならない原初の力が生き生きと宿って居る。
彼は言う。「私は、心でシャッターを押して居ります」と。
大宇宙・大自然への敬慕と感謝の念が彼に相させるのであろうか?
すべての作品は、一眼レフカメラ(LeicaSL-2・Micro lens 50mm・Slide film ASA-25)を駆使し、フィルターは用いず、屋外の純光のみで、然も常に太陽に向かって撮られたものである。
〔 略 歴 〕
明治42年 : 1月26日 徳島県海部郡日和佐町に生まれる。
昭和47年 : 63歳で写真を始める。
昭和48年 : この秋、二科展入選を皮切りに、『情炎』はじめ『緑に舞う』
等が、西ドイツの一流カメラ雑誌『ライカ フォトグラフ』に日本人とし初めて掲載される。
昭和56年 : 昭和天皇より『サギ草』『狸の燭台』『ヤッコ草』の三点をおとり上げを賜る。
平成10年8月17日 : 光につつまれて昇天する。
〔 作品奉納 〕
昭和55年 : 浅草寺(東京)
昭和60年 : 高野山(和歌山)
昭和61年 : 金峯山寺(吉野)、石上神宮(奈良)
昭和62年 : 地主神社(京都)、椿大神社(三重)
平成 2年 : 神宮(伊勢)
平成11年 : 玉鉾神社(愛知)
〔 展 示 〕
昭和62年 : アメリカ・スタンフォード大学で開かれたIARF(国際自由宗教連盟)主催の第16回世界平和会議で展示、高い賞賛を受ける。

〈 ギ ャ ラ リ ー 〉

平成17年5月27日更新 ( 9点追加  25点展示中 )

   サギ草
サギ草     






  < 禁無断転載 >


【 戻 る 】