神道夢想流杖道

English

【 沿 革 】
神道夢想流杖の開祖、夢想権之助勝吉は慶長年間(約400年前)の人と伝えられ、香取神道流武術の祖・飯篠山城守家直の門に入り香取神道流の奥義を究め、その免許を受け、更に鹿嶋神流の極意「一の太刀」を授かったと伝えられる。
その頃夢想権之助は多くの剣客と試合をし敗れたことはなかったが、時代を同じくする剣豪・宮本武蔵との試合で十字留めにかかり敗れた。
それ以来、夢想権之助は武蔵の十字留めを破らんと、筑前の国(福岡県筑紫郡)に至り、大宰府天満宮神域に連なる霊峰・宝満山に登り、玉依姫を祭る竃戸神社に祈願参篭し、満願の夜、夢の中に童子が現われ「丸木をもって水月を知れ」とのご神託をもとに、四尺二寸一分・直径八分の杖を用い、これに槍・薙刀・太刀の三つの武術を総合した神道夢想流杖を編み出し、再度、宮本武蔵に試合を挑み、見事十字留めを破ったと伝えられて居る。
その後、神道夢想流杖は福岡・黒田藩に用いられ、十数人の師範家を起こし盛大に指南され、特に門外不出のお留め武術として四百年来、伝えられて来たものである。

近年において神道夢想流杖は実践的且つ実用的な卓越した武術と高い評価を受け、先の大戦前においては著名な剣道家・柔道家・海洋少年団・満州国全土の青少年訓練に用いられ、戦後には、警視庁機動隊・大阪府警機動隊においても警杖として採用され、現在では各種団体・企業・大学のクラブ活動など、東京・福岡・神奈川・大阪など全国的に普及活動が行なわれて居り、また海外においても杖道愛好者の増加には目を見張るものがある。
当塾は、杖道普及の父とも言うべき故・清水隆次師範の高弟で、愛知県において早くから神道夢想流杖の普及と武道を通じて青少年の育成に貢献・活躍された、故・濱地光一師範の術技と精神を引き継ぎ活動する愛杖会の一員として伝承・普及に努めて居る。

〔 濱地光一師範略歴 〕
大正元年、父・濱地八郎の五男として東京で出生。
昭和5年、清水隆次先生に入門。
昭和11年、満鉄に入社し、昭和18年より一年間、満鉄より出向し、旧満州国建国杖の指導者養成の為、全満州を廻り、昭和19年、満鉄に戻る。
昭和22年、終戦の為、満州より帰国し、鎌倉に住む。
昭和24年、師父・濱地天松居士より金剛道道士を允許される。
昭和25年、東邦理化(株)に入社。名古屋に住むこととなる。
昭和35年、愛知県大府市に転居する。
昭和37年、名古屋市昭和区八事の一心寺にて本格的に杖道の指導を始める。
昭和39年、五夢想を清水・乙藤両先生より授かる。
昭和41年、清水隆次先生より免許を受ける。
昭和43年、中華民国台湾省古武道親善演武派遣団に団長として参加する。
昭和46年、全剣連杖道八段となる。
昭和47年、東邦理化(株)退社。
昭和53年、胆石手術の為、入院する。
昭和54年、愛杖会を結成し、初代会長となる。
昭和55年、次世代に託す言葉として『杖十二訓』を詠む。
昭和56年、全剣連杖道範士となる。六月五日より百八日間の精進を行なう。『神道夢想流杖とその伝承』出版。
昭和59年、福岡・濱地家に伝わる杖と木刀を宝満宮・竃戸神社に「筑前黒田藩士使用の杖」として奉納する。
昭和60年5月9日、病の為、永眠する。享年七十二歳。

【 杖十二訓 】 濱地光一先生詠  昭和五拾五年四月   
 
一、身をもって人を助ける杖のごと この姿こそ士の道。
二、神佛も声の力で現わるる 一喝必倒氣勢養え。
三、打太刀はふれれば切れる剣なるぞ 心にとめて剣を怖るな。
四、線当り刃物持つ身の好餌食 点で打つこそ杖の打なり。
五、折り返す手首の握りで敵を打て 後手の力まかせは技を狂わす。
六、かわしつつ小手を打ち上げ目を制し 体勢くずして技かけよ。
七、太刀は鋼 杖は樫 ガツンと当てずに 円るくずらしていなす心で。
八、古き形少しもたがわずくり返せ 自然に身につく氣杖体。
九、わが杖は切り刺しならぬ唯の棒 打ったら突けの心忘るな。
十、仕も打も進退共に打つ心 これがなければオドリ同然。
十一、仕合高上希うなら 起きて素振りと ねて工夫。
十二、色々と種々に兵法詠えども 真剣勝負に決りなし。
       
  杖により武徳をつみしその力 我にとどめず末永く傳えよ。

【 杖道から学ぶもの 】 濱地光一先生遺稿

まっすぐに強く正しく、そして円満に仕上げられた杖の姿は、神の正直と、佛の慈悲を現すものであります。
神道夢想流杖術は常にこの杖の心を忘れず、先師の方々が命を賭して得た真剣形を繰り返し繰り返し修業ことによって、あらゆる艱難に立向う気魄と体力を養うものであります。
伝書は
「疵つけづ 人をこらしていましむる をしへは杖の外にやはある』
と詠って居ます。
その兵法は敵のレーダーを撹乱し、武器の使用を不能にし、血を見づに気魄を以て敵を圧服するもので、この杖の働らきを
「持たば太刀、払えばなぎなた、突けばやり、杖はかくにも外れざりけり」
とも詠われて居ます。
平和が続けば知らず知らずのうちに大事に立向う気力も体力もおとろえ、事に当って唯逃げることのみに汲々とし、節操を忘れ、強者に媚び、責任を放棄し、ついには国をも危くするのであります。
杖術は、この失われかけた魂に活を入れ、誠の道を突き進むたくましい気魄と体力を養うことの出来る、現代に最も必要な武道であると信ずる者であります。


【  神道夢想流杖道の名称・修得順位  】(濱地光一師範の資料より)

◯基 本
本手打  逆手打  引落打  返  突  逆手突  巻 落
繰  付  繰  放  体  当  突外打  胴払打  体外打

◯表 業
太刀落  鍔 割  著 杖  引サケ  左 貫  右 貫
霞     物 見  笠ノ下  一 礼  寝屋ノ内 細 道

◯中 段   
一 刀  押 詰  乱 留  後 杖(前・後)  待 車  間 込  
切 懸  真 進  雷 打  横切留  拂 留  清 眼

◯乱 合
大太刀   小太刀

◯影
太刀落  鍔 割  著 杖  引サケ  左 貫  右 貫
霞     物 見  笠ノ下  一 礼(前・後)  寝屋ノ内(前・後) 細 道

◯五月雨
一文字  十文字  二刀小太刀落  ミジン  同 裏  眼ツブシ

◯五本の乱
太刀落の乱  左貫の乱  間込の乱  霞の乱  斜面の乱

◯奥伝(仕合口)
先 勝  突 出  打 付  小手留  引 捨  小手搦 
十 手  見 返  アウン  打  分  水 月  左右留

◯五夢想の杖(極意秘伝)
闇 打  夢 枕  村 雲  稲 妻  導 母

〔註 1〕乱合が終わるまでは、太刀落・乱留・間込・横切留は後の先の業を稽古し、乱合伝習以後は先を取る業を稽古する。
〔註 2〕その他、それぞれに変化・別伝の業があり、修行者の進度により伝習して居る。

〔 併 伝 武 術 〕

◯神道流剣術(八通大太刀・四通小太刀)
相 摺  相 摺   鷲   乳 拂  左 輪  二刀合  受 返  摺 込
咽 中  受 流  三受止  突 出

◯内田流短杖術  
小手くだき  小手くだき  捨身  繰 付  水 月  水 月
後 杖  斜 面  斜 面  コブシくだき  脛くだき  入 身

◯一角流十手術
〈 表 〉
右 剣  左 剣  残 剣  蹴 上  一乱剣  入 身  
一 風  目 当  右 刀  五 輪  一  声  霞の剣
〈 裏 〉 形名は表と同じ(捕縄一手あり)

◯一心流鎖鎌術
〈 表 〉

居 敷  添 身  羽 返  無 眼  十文字  振 込  
振 込  磯の波  巽 巻  三所詰  浮 船  袖 搦
〈 裏 〉 形名は表と同じなるも振込が三本となる
〈 奥 〉
前 後  左 右  鑓 合

◯一達流捕縄術
〈 早縄 〉
一文字縄  菱 縄  十文字縄  翅 附


【 修業の順位とその課目 】(濱地光一師範の資料を基に一部修正する)
1、初位  神道夢想流杖基本形、表業、中段、乱合、内田流短杖術
2、中位  影、五月雨、五本の乱、一角流十手術(表)
3、上位   奥、一角流十手術(裏)、一心流鎖鎌術(表・裏)、神道流剣術、一達流捕縄術
  教場助教  (奥入・初目録・後目録の者) 
4、無限  全課目の反復稽古と後進の指導  
  師 範    (免許者)  

『 天真正伝神道夢想流 杖道求真 』 初刊のご案内


A5版103頁

定価 1944円

(送料込み)

平成27年9月1日発行

発行所  ブックウェイ

お申込みはこちらへ

は じ め に

私は、神道夢想流杖を、黒田藩杖術師範家の血筋であられる濱地光一師範に十七歳の時から学び、恩師のご逝去後、師のご遺志に従って、清水隆次師範門下の弟弟子であられた西岡常夫師範に就いて学ぶと云う、まことに有り難きご縁を戴いた。

そして、両師より〈生きた杖〉が遣える事が傳承者の使命であり、又、それを後世に伝える事が杖の中興の祖であられた清水隆次師範の悲願であったと承った。

その〈生きた杖〉の遣い手となる為、神道流剣術十二本・神道夢想流杖六十四本の形の示す、真の剣と杖を求めて稽古すること、今日に至って居る。

本書は、先師から賜わった教えを元に、これまで自分が修めた諸流派の教えも加味して、常日頃の稽古の際に私自身が心掛けて居ること、門人に重要な留意点として繰り返し指導して居ること、又、その時々に気付いたことなどをつれづれに書き留めた平成二十五年に於ける約十か月間の「稽古日誌」を、門人の希望に応じ纏め直したものである。

この小著がいささかでも読者の参考となれば幸いである。

                                                                       
神道夢想流杖 免許皆傳
皇武道塾 塾長
                     石 田 博 昭 盛 山


目次

はじめに
1、稽古とは訓練に非ず摺り込みである
2、稽古は真似ることから始まる
3、形稽古こそ自由自在となる稽古である
4、稽古と言うものは全て自己責任である
5、見取り稽古の大切さを知れ
6、馴れ・弛(だ)れ・崩れを避け真剣に稽古せよ
7、何事もその勝れたる処を学ぶべし
8、基本に勝る奥儀なし
9、十文字勝ちに勝る勝ち口なし
10、最初にして最後は打ち込みの稽古である
11、常に杖に隠れて技を行なうべし
12、〈太刀落〉の形に秘められた教え
13、〈アウン〉の悟りを技に生かす
14、実伝でなければ伝わらない〈生きた杖〉
15、正しい技は手の内次第
16、技の如何は足にあり足こそ技の要なり
17、生きるか死ぬかは太刀筋にあり
18、無限に変化する八相の構え
19、親の心を以て打太刀をせよ
20、見えねども気迫を養え形稽古
21、残心の大事
22、抜刀は唯抜くに非ず常に切る心を持て抜くと知れ
23、小太刀こそ無刀捕りへの下稽古
24、〈卜伝一の太刀〉の遣い方を知れ
25、繰り付けの技を見直せ
26、繰り放しは相手の右後ろに崩すべし
27、逆らわず、相手に和すこそ極意なり
28、常に三挫きを心がけて技を遣うべし
29、気合いとは言霊であるその音力を身に着けよ
30、目付けは何処にも居着かず全体を捉うるべし
31、〈飾り〉は神伝武術の證である
32、神道夢想流杖の本懐は〈生きた杖〉を遣うことにある
33、併伝武術に就いて
34、天真正伝への道
35、ひたすら心を鎮めるべし
36、武徳を求めて
むすび


【 私の杖道修行記 

○ 濱地光一師範を偲ぶ

◯ 西岡常夫師範の杖を語る

会員専用ページ
1、
『 剣杖私記 口伝抄 』 ( 石田博昭の杖に関する私記 )  
2、録音資料『杖の品格』濱地光一先生とジェラルド・トフ氏との会話(1時間15分)昭和54年1月3日




【 関連ホームページ 】

◯ 愛杖会のホームページ




●第1回 神道夢想流杖 清隆會 名古屋傳習會消息(平成17年4月30日・5月1日)

●第11回 神道夢想流杖 清隆會 名古屋傳習會消息(平成22年9月5日)




【 第22回 神道夢想流杖 愛清會 公開稽古会 ご案内 】 

清水隆次師範より免許皆伝を許された杖道界の長老・西岡常夫師範の杖術及びその理念を学ぶ稽古會を下記の要領で開催します。

【稽古内容】
西岡常夫師範が伝える神道夢想流杖術の基本 及び 形。
杖の操作における本手と逆手の遣い分け、本手打・逆手打・引落打における杖の筋(動線)についての理解と会得を中心に、打太刀の剣の遣い方も含めて、神道夢想流杖の打太刀と仕太刀の別を明確にした形の稽古を行います。
従来の杖道に物足りなさを感じて居られる方は是非一度参加してみませんか。きっと満足されることと思います。
初心者も基礎から指導いたします。

【指導】
愛清會師範   濱地光男  石田博昭  冨田隆

【日時・会場 】 
平成28年9月4日(日)午前9時30分より午後5時00分  
名古屋市露橋スポーツセンター柔道場

【参加資格】
真摯に神道夢想流杖を学びたい方なら、国籍・年齢・性別・経験は問いません。

【費用】
3000円

【主催】
神道夢想流杖 愛清會

【連絡先】
〒467-0827
名古屋市瑞穂区下坂町1-33
ミヅホビル二階
愛清會事務局
電話 052-871-8899




以上


< 禁無断転載 >



【 戻る 】